子供好きなら保育園で働ける求人を確認!保育士は子供を見守る仕事
ロゴ

保育資格を取得し働く

保護者から子供を預かり保育する、保育士という仕事があります。年齢を問わず働くことができ、近年では男性の保育士のニーズも高まっているこの仕事について確認してみましょう。

保育士の就職先の一例

  • 保育園
  • 保育所
  • 児童館
  • 託児所
  • 幼児教室
  • 病院の保育所
  • 企業の内部保育施設

子供好きなら保育園で働ける求人を確認!保育士は子供を見守る仕事

子供と保育士

保育士の仕事

保育士の仕事は、6歳までの児童を預かり、保育所や児童福祉施設等で保育する仕事です。子供の心身の保護や生活のサポートだけでなく、一緒に遊んだりしながら完成を育てていくことも重要な仕事となります。結婚や出産後のブランクがあっても復職しやすく、年令に関係なく求人がある職業です。

保育園での業務

保育園で働く保育士には知識だけでなく体力も求められます。例えば子供と一緒に遊びながら、周囲に危険なものがないか安全確認をする必要があります。子供達がお昼寝しているときでも保護者に向けた連絡帳を作成する業務があります。一人一人を把握して置かなければならないため、思いのほか大変な仕事なのです。

公立保育園での仕事

公立の保育園、児童福祉施設で働くには各自治体が行っている保育士採用試験に合格する必要があります。公務員保育士は公務員として働くため、給与が民間の保育士より高い傾向があります。初任給では大きな違いはありませんが、公務員として毎年給与が上がっていくため、勤続年数が増す事に給料が高くなるのです。

保育園以外での働き方

乳児院

乳児院とは、死別等で保護者のいない場合や、病気により子供を育てられなくなった親の代わりに乳幼児を育てていく施設のことです。保育園と違いお迎えがなく、乳幼児は乳児院で生活しています。その為、乳幼児の1日を安全に送る事ができるよう考えて働く事になります。

児童養護施設

児童養護施設は、保護者から虐待を受けた子供や保護者のいない18歳までの児童を対象とした入所施設です。児童に遊びを提供したり、保育をしていくことになります。心にキズを負った子供を相手にすることも多いため、対応には十分気をつける事が大切です。

病棟保育士

病院に入院している子供をサポートする仕事です。基本的な業務は保育園と同じで、食事や排泄、着替え等生活をサポートし、子供のストレスを軽減します。現状希望者に対して求人が少ない傾向があります。