東京で働きたい人は介護士の求人を見ていきましょう
ロゴ

介護職での働き方

介護に関わる仕事として介護士という職があります。老人ホーム等で生活支援を必要とする方のサポートをする仕事ですが、無資格でも就職が可能な職となります。しかし、介護福祉士資格を取得することでより活躍の場を広げる事ができます。

介護福祉士資格を持つメリット

no.1

手当が上がる

介護士として働く上で、介護福祉士資格を所有していると数万円の手当がつくことがあります。金額はそれぞれの職場で差がでますが、給与の面で大きな魅力になります。数字として自身のキャリアアップがわかりやすいことが、資格取得における最大のメリットといえます。

no.2

役職が上がる

職場によっては介護福祉士の資格を持っている人でなければ、主任やリーダーのポジションに就けない場合があります。役職がつくことで業務は責任も増えますが、同様にやりがいや給料も上がるため良い思いをする機会が増えるのです。

no.3

活躍の場が広がる

介護福祉士の資格は取得者だけでなく事業側にもメリットがあります。資格所有者が従業員の過半数を超えると大幅な加算があるため、雇用主にとって魅力な存在となります。そのため転職を考えている人に良い条件を提示する雇用主が多いのです。

東京で働きたい人は介護士の求人を見ていきましょう

老人と介護士

介護士の仕事内容

介護士の求人を見るうえで知っておきたいこととして、介護士とはデイサービスや老人ホームで支援を必要としている人の介助をすることです。着替えや食事、入浴まで日常生活におけるサポートを行う他、施設によってはレクリエーションを行なうこともあります。無資格でも働くことができ、働きながら資格取得を目指すことでキャリアアップを図れます。

活躍できるところ

介護士の勤務先は、東京など全国各地にある介護施設や個人宅、医療機関が主なものとなります。また、介護福祉士資格を所有し条件を満たすことで、児童福祉施設や障害者支援施設等での就職も可能となります。近年では待機児童の問題を受け、介護福祉士資格を持っていると保育士資格取得の際、試験科目が一部免除されるようにするなどの話もあり、さらに活躍の場が広がりそうです。

同じく人と関わる仕事だから

近年では幼稚園と保育園の機能を持った「認定こども園」を設立する話があります。保育士の有資格者が幼稚園教諭の資格を取りやすく、また幼稚園教諭が保育士の資格をとりやすくなる制度が実施されています。介護福祉士として働いていた人でも、保育園や幼稚園で働くための資格を取得しやすくなっているのです。そのため、これから先は介護の仕事から子供と関わる仕事へ転職することも多くなってくるかもしれません。

資格で活躍の場をもっと広く

介護と聞くと高齢者を想定しがちですが、児童福祉施設等でも介護福祉士は求められます。自身のキャリアアップと将来性を広げるため、資格取得を検討してみましょう。