女性

小陰唇肥大の原因解明~悩みとはオサラバ~

治療が受けられる

医者

膣圧をアップさせたい方は、トレーニングすることで効果を得ることができます。また、トレーニング方法としては「膣縮小」治療を受けることで、膣を狭くさせ壁を厚くしてくれる効果があります。そうすることで、膣の締めが良くなります。膣縮小治療は、クリニックや病院で受けることができます。さらに、膣縮小治療の種類が多くあるので自分に合う方法で改善ができるでしょう。

膣縮小治療には、メスを使用した方法があります。筋肉や粘膜を縫い合わせて、膣の筋力をアップさせることができます。そうすることで、悩みを解決することができます。しかし、メスを使用した膣縮小治療は傷が残す可能性もあります。さらに、出産を考えている女性はこの治療はあまり剥いていません。最近では、メスを使用しなくても受けられる膣縮小治療があります。レーザーやビビーブといった膣縮小治療方法があり、安全性の高い施術になります。また、短時間で受けられる膣縮小治療で、麻酔を使わなくても痛みを感じることはありません。さらに、レーザーやビビーブは年齡関係無く治療を受けられるので、気軽に膣圧をアップしてくれるでしょう。

膣圧アップしてくれる膣縮小は、保険適応外の治療方法になります。クリニックや病院で受ける際には、治療費は自分で負担しなければなりません。クリニックや病院の中には、膣縮小治療を受ける際に掛かる費用の中に、手術代だけでなく処方された薬や診察も含まれていることがあります。また、費用は自分で負担はしますがあまり高額な価格では無いので、気軽に受けることができるでしょう。受けようと考えている方は、膣縮小治療を扱っているクリニックなどに問い合わせてみると良いでしょう。